皆さまのワキガ手術体験談へ
スキンクリニック
Last Update:2008/01/08(火) 19:41

[←Back]   [No.20]   [Next→]
報告者きなこ
性別
手術を受けた日2007/12/29
満足度☆☆☆
今の状態抜糸直後
所在地東京
手術法PMR法
費用325000円
保険×


 ▼Comment
このHPで勇気をもらって、2007年の年末に手術してきました。

■カウンセリング
女医の先生と1対1で行いました。
アポクリン腺の場所、手術方法を紙に書きながら説明してくれました。
腋臭チェックは、紙ではなく口頭でした。
全部の答えがYESでした。(まぁ仕方ない)
何か質問はありますか?と聞かれ、ありませんと答えたら、では実際手術範囲を知ってもらうのと、臭いチェックをしますと言われました。
別室に移動し、手術台のような台に寝ました。
私はその日、キャミソールとカーディガンのセットだったので、カーディガンだけ脱いで台に寝ました。
先生が右側に来て座り、私は左手で手鏡を持ち、自分の右脇を鏡越しに見ています。先生が、ペンで切開箇所とアポクリン腺の範囲にしるしをつけました。
それから、先生が素手で脇を2,3度押さえる様に触り「臭いよりも、量が気になりませんか?多いですよね。臭いは軽度ですね。」と言われました。
血液検査(1万円)を今日しておくこともできるし、手術を決めてからしても良いとのことだったので、考えてからにしますと答え、家に。

■決意
カウンセリングが10月末。
冬になったこと、海外で購入したDoveのデオドラント効果が高かったことで、手術への意気込みは薄れてた12月上旬、ふと2年前に行った夏の野外ライブのことを思い出しました。
途中からニオイが気になって、全然ライブに没頭できなかった記憶。
一緒に行った友人は気づいてしまうかな、どうしよう…と思ったこと。
そこで、もし年末に予約が取れたら、手術しよう!と決意して問い合わせをしました。
すると、○月○日○時のみ可能ですとの返答。
空いていたので、勢いですぐ予約を入れました。

■血液検査、支払い
感染症の検査ということで、血液検査をしました。(1万円)
その時に、手術代315000円も、翌月一括カード払いで支払いました。(ポイントたまるし♪)

■手術当日
先生と1対1で向かい合います。
不安なことある?聞いておきたいことは?などの質問です。
私は特になかったので、よろしくおねがいしますとだけ答えたと思います。
この時の先生は、カウンセリング時とは違う先生でした。
(でもこの先生も女医の方でした)

別室で着替えます。
上は全部脱いで、紺の紙のブラジャーをつけ、ピンクのバスタオル
を巻きます。(
下は着たままでと言われました。私は、ゆるゆるのカーゴパンツをはいて行きました。

いよいよ手術室へ。
2人くらいの看護士(女性)さんデコルデから脇、二の腕の内側から肩甲骨の辺りまで消毒をされたように思います。
消毒液を湿らせた大きなガーゼで拭いてくれました。
そして、目に紙の目隠しをしてもらい、先生の登場。
頭の後ろで腕を組むような脇の上げ方の状態でスタート。
「急に何かしたりしないから、大丈夫よ〜」
の一声で安心したのを覚えています。
まず右腕です。
麻酔は、最初2本打ちます。この2本が効いてきた頃に追加で、たくさん打っていたようです。
最初の2本、ちくっと採血のような感覚はあったのですが、後は全然分かりませんでした。ほぼ無痛です。
そして打ち終わった頃に、手のひらで脇をぐいぐい押してなじませているようでした。
「これから痛みチェックしますから、少しでも痛かったら言って下さいね」と看護婦さんにいわれます。
何かを刺していたんでしょうか?(←推測です)
私は全くの無痛で、「全然痛くありません。」と答えました。
自分で自分の声がしっかりしていることに驚きました。
「では、始めます」の声とともに始まったようです。
術中、痛くないのですが、機械の吸引音が大きく聞こえるので
これがドキドキしてしまいます。
2箇所切開のうち、まず上所から押さえながら、吸引しているような感覚がありました。次に下。
これで終わるかと思っていたのですが、3セットくらい上、下、上、下をやっていたと思います。
右脇が終わってから、左脇の麻酔へ。
同じことをしました。

■手術直後
終わったあとは、わきぶーさんの術後写真と同じように固定され、包帯を巻かれました。
超イカリ肩になります(笑)。
着替えた部屋で寝ること30分。
特に異変もなかったので、痛み止めの薬をもらい、帰りました。

■服について
当日の格好は、ジップアップのフリース、ゆるゆるのカーゴパンツ、スニーカー、大きめのダウンコート、ニット帽でした。
上着→ジップアップは楽なので良かったです。ただ、フリースはかさばるので、術後は結構コートの肩の部分がきつくなります。
お勧めは、ボリュームの少ないジップアップタイプのものです。
インナー→ブラは無理です。できれば、パットつきのゆるいキャミが楽でした。もし手術用に買うのであれば、サイズが大きくて生地が薄い方がいいと思います。(生地が伸びるから)
下→ゆるゆるの方がトイレが絶対楽です。カーゴおすすめします。
くつ→帰り道、結構緊張しているのでスニーカーなどのヒールがないものをお勧めします。転んだらシャレになりません(泣)
その他→万が一知ってる人に会ったら嫌だったので、ニット帽持っていきました。看護婦さんに頼んで、深くかぶらせてもらい、家まで。普段は全く帽子をかぶらないけど、なんか安心しました。
バック→ななめがけバックの手前チャック部分に千円札3枚位と小銭、SUICAを入れておきました。財布は持っていきませんでした。
カードケースにクレジットカード1枚と1万円札と保険証。後は携帯とDSくらいしか持っていきませんでした。

■帰り道
私は新宿だったので、人の多さが怖かったです。
特に同じビルに飲み屋が入っているせいか、ビルの1階には酔った大学生らしき団体が…。
ぶつかられたらどうしようと怖かったので、しばらくビルの壁に寄りかかって、団体が動きだすのを待ちました。
電車は、有料指定席に座り、DSやりながらゆっくり帰りました。
駅から家までは、タクシーです。
今日は、安心のためにケチらない!と思っていて良かったです。

■家についてから
年末だったせいか、帰った時誰もいなかったのでそのまま部屋にひきこもり、テレビを見たりメールしたりしてました。
特に痛みはありませんでした。

■抜糸までの6日間
私は一度も痛くなりませんでした。
4日目くらいからテープの箇所がかゆかったです。
シャンプーは2回しました。
術後4日目と、抜糸前日です。
1回、ジャスコに行ったくらいで、ひたすらテレビ見てました。
お皿をちょっと洗ったり、洗濯物たたんだり、スープ作ったりしました。全て超スローモーションでした。

■洗髪
1週間だし、適当にやろうと思ってました。
事前にオートシャンプーの美容院をチェックしていたので、無理そうだったら、そこへ行こうと思ってました。
しばらく洗ってない髪を人にやってもらうのは気が引けるけど、機械ならいいかなと。
美容院への言い訳は、脱臼ということにしておこうと思ってました。
でも、冬で外に出歩かなかったせいか、案外平気でした。
だから、洗面器に3分の1くらいお湯を入れ、シャンプーを溶かして、お風呂の椅子にのせ、頭をその中にジャブジャブ入れて洗髪してました。
とくに指でゴシゴシしませんでした。

■おすすめグッズ
1、S字型の肩押し棒。本当に肩がこります。ちょっと押すと幸せです。背中が痒いときも服の上から軽くかいたりもできます。
2、大きめのクッションかぬいぐるみ、抱きまくらなど。ラグビー選手のような格好なので、抱きかかえられるものがあると楽です。知られたくない人の前でもお勧めの格好です。
3、広くてきれいめのネットカフェ。来てる人は、人のことなんて全然見てません。ドリンクを取りにいくのは面倒なので、ペットボトル1本持参で、お菓子食べながら、ネットして漫画読んで。私は行きました。5時間1200円。楽しかったです♪

今日抜糸を終えてきて、覚えている範囲で書きました。
参考になれば幸いです!

Pass:
Miniりすと v4.01